スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

叱らない育児・我慢させられたと思わせない??

category: 子育て  

 寒いですね〜 ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

今日も、イマイチ不調・・・。
昨日もあまり眠れんかった(~_~;)



 ちょっと、気になるものを見つけてしまった。

孫が、幼児教材の定期購読をしてるんやけど、
それに、保護者用の小冊子が付いてきてたので、
パラパラ〜っと見てみた。

最近の教材はスゴいなぁとか思ってたら、
あるページが、目にとまった。

“こうすれば子どもが、「我慢させられたと」と思わずに対応できる”
という見出しが書いてあった。 (;´▽`)y-~~
“1・2歳児のがまん”について解説してある。

確かに!!と思う事もたくさん書いてあるんやけど・・・

何??「我慢させられたと思わずに」って (・ω・;) ?

私が古臭いのかもしれないけど、
「三つ子の魂百まで」という言葉があるように、
3歳までの子どもたちの成長は、著しいよね?
その間に、しっかり躾・教育するのが肝心だと思ってる。

「我慢」もその1つじゃないのかな?

その冊子の中に、「叱らない」ってのが強調されていた。

例として、
子どもが、冷蔵庫のドアをパカパカ開けたり閉めたりして遊ぶ。
「何してるの?ダメでしょ!」っていうのを我慢して、
「単に楽しいだけなんだよね〜」「楽しそうだね〜」って理解を示し、
代わりになるような、冷蔵庫のおもちゃをダンボールで作ってあげる。
ってのが、マンガ形式で書かれてあった。

うぅーーーーーーむ ( ̄□ ̄;)マジ!?

なんか、どこやらの教育研究所講師という先生のアドバイスみたいだけど・・・

どうして、叱っちゃダメなんやろう??
冷蔵庫で遊ぶのは、やっちゃいかん事やし、
もしかしたら、よそのうちでやってしまうかもしれんし。
とてもじゃないけど、私は、
「楽しそうだね〜」とは、思えんな (゚Д゚)y─┛~~

そして、
「叱ってしまった」って自己嫌悪するお母さんがいるって・・・(-_-;)
そのほうが、問題じゃないかな??

もちろん、叱らないで言うことを聞いてくれるなら、それに越したことはないけどね。

「叱らない育児」を強調しすぎて、
公共の場で、騒いだりしても放置する親もよく目にするし、
叱ってしまったって、必要以上に自分を責める親がいたり・・・ ( ̄ー ̄;)


その子たちが、学校に行くようになって、
先生の言う事を、ちゃんと聞けるんかなぁ??

お母さんの方が、
「叱らない」という我慢を強いられてるんやないんかなぁ??
そんなだから、ネグレクトや虐待につながったり、
育児鬱になったりするんやないかなぁ??


よくできたら、たくさん褒めてあげる事。
悪い事をしたら、しっかり叱ってあげる事。

それが、私の教育方針やったから、
どうしても、その冊子の内容が納得できんのよね(^_^;)


あくまでも私個人の意見やから、別にいいんやけど・・・。


その、なんちゃら教育研究の先生が言ってる事やから、
私の方が間違ってるんかもしらんけど(笑)


ただ、そういう育児書的なものを読んで、
その通りにならんかったって、
自分を責めたりしないで欲しいなぁと思う。





2014_01_23

Comments

はじめまして 

突然ですがいつママともうします。

あたしも同じ意見ですね。
叱らないっておかしいですよね。
やっぱり、ちゃんと叱る時は叱る。
そして、褒める時は褒める。
これが一番だと思います。

叱ると怒るは違いますよね。
怒ってしまったら叱るべきだったと思うのはわかるけど
叱るのを我慢するのは変ですよね。
すっごく共感できたので
思わずコメントさせていただいちゃいました。
いつママ  URL   2014-01-23 23:58  

 管理者にだけ表示を許可する

09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

スポンサードリンク

ランキング参加中

ランキングに参加しています(^^ゞ 応援して下さい!!

お仕事承ります!

お気軽にご相談ください♪ byりん

コラム記事執筆します。ライターをお探しの方、ぜひ承ります! ネットオークション、海外通販サイトからの購入を代行致します。

検索フォーム




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。