上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

待合室

category: ヘルニア  

 最近、ちょっと怒ってる事がある。

待合室が、ちょーうるさい!
 

 私が通ってる病院は、
車がない人とか、交通の便が悪い人なんかの為に、送迎をしてくれる。
田舎だから、そのシステムは年配の人にとって重宝するみたい。
特にばあちゃん。

だから、待合室は、座る場所もないくらいびっしりとおばあちゃん達で埋め尽くされてる(@@;)
それは、別にかまわんし、年配者だから席を優先するのも当然。

ただ、病院の待合室とは思えんほどうるさい!!

老人会の寄り合いと勘違いしてるんじゃね!?っていうくらい盛り上がってる(-。-;)
「○○さん、こっちこっち!」とか、
バカでかい笑い声とか・・・。
携帯電話で話してる人とか。
看護師さんから、名前を呼ばれても聞こえん時もある。

その傍ら、小さな子どもを連れて来てるお母さんは、
「病院だから静かにするんよ」とか、
「ちゃんと座ってなさい」って注意してる。
子どもも、絵本を読んだりしながらお利口さんに順番を待ってる。

なんで、歳を重ねた人たちのほうが、常識がないんやろう(--#)
小さい子どもの方が、よっぽど場をわきまえてるんやない?

 しかも、どこをどう見ても元気。
腰が痛いとか、膝が痛いとかは、あるかもしらんけど。
もっとツラい症状で来てる人もいるんだから、静かにしてほしい(*_*;
てか、病院は、静かにする所じゃないの?

年配の方は、子ども達の手本となるようにして欲しいと思う。
あと、「人のふり見て我がふり直せ」って感じで、
私も気をつけんといかんなぁって思った。
スポンサーサイト
2013_10_12

マーク

category: 未分類  

 オーストラリアにマークという青年がいます。
娘の友人です。
私は、彼とはなんの面識もありません。
だけど、最大の恩人であり、
最高の友人です。

 娘が、ネットを通して彼に我が家の近況を伝えていました。
私が、手術をした事、ヘルニアが悪化して働けない事・・・など。
あと、日本の行政の事。
娘からすると、愚痴の一部だったのかもしれません。

そしたらマークが、
「お母さんに寄付がしたい」
と言ってきたそうです。
娘から聞いて驚きました。
顔もしらない外国人。
とても信じられません。
娘も驚いていました。
2人で話し合った結果、彼の好意を受ける事にしました。

数日後、娘の口座に10万円振り込まれていました。
この時、改めてお金のありがたさに気づきました。
そして、マークの優しさに涙が出ました。

10万円。
それが、どれだけ我が家の危機を救ってくれたか・・・。
言いつくせない感謝です。
大事に大事に使わせてもらいました。

 私は、その好意にただただ感謝するばかりで、なんのお返しもできない事。
そして、マークのおかげで前向きになれた事を娘に伝えてもらいました。
そしたら、彼はその言葉が聞けただけで、充分。
なんのお返しもいらないと言ってくれました。

本当に、言葉では、言いつくせない気持ちでいっぱいです。
彼に救われました。
ありがとうだけでは、物足りない。

どうか、この遠く離れた友人が、いつまでも幸せでありますように・・・。
2013_10_12


 今日、長女と元夫の事を話した。

それで、改めてDVは子どもたちにも多大な影響を与えるんだなぁって思った。
長女が、小さい時にどんなふうに思って過ごしていたかを聞かされて、
母としてすごくショックやった。 ガ―(゚Д゚;)―ン!!

子どもに対して虐待をするような人ではなかったけど、
手を上げることはあった。
ただ、期限がいい時と悪い時の差が激しかった。
親も人間だから、多少そういうところはあると思うけど、
彼の場合は、ちょっと違っていた。
けっこう理不尽なことで怒ったり、
なんの言葉もなくいきなり平手打ちしたり・・・
長女は、子どもながらに、大人って理不尽だと思ったらしい(*_*;

元夫は、怒るポイントがいまいち掴めんやつ。

TVゲームをしてて、思い通りにいかなかったら、
コントローラーを投げたり (゚Д゚)ボーゼン
子どもみたいなやつやなぁ・・・

とにかく期限が悪い時は、関わらなようにしてたんだって。
「触らぬ神に祟りなし」って言ってた(笑)


長女は、私が殴られてる時、「やめて!」って止めようとしたらしい・・・
そしたら、「次はお前もこうなるぞ」みたいな事を言われたって。
知らんかった・・・(TдT)
長女は、その言葉に恐怖したって言ってた。
いつも父親の顔色を伺って生活してたとも言ってた。

目の前で、殴られてる母親を助ける事ができんかったってことも、
当時の彼女の中の苦しみでもあったと思う。
長男も前に同じような事を言ってた。

2人とも、男の人の大声や、大きな物音には、すごく敏感。
最近は、だいぶましになったって言ってたけど。
だから自分は、優しい人と結婚したって。

話を聞いて、本当に申し訳ないと思った Σ( ̄□ ̄lll)!!

長女は、今でも私の事が心配らしい。
私には付き合ってる人がいるけど、暴力を振るわれないかって・・・。
それだけ、トラウマになってるって事よね (´;ω;`)ウッ…

おかげさまで、今付き合ってる人は、とても優しい人。
もし、暴力的な事があったら、すぐ警察に行くつもり(笑)
長女にもそう伝えた。

今更やけど、なんで気づいてあげれんやったんやろう・・・
DVは、やられてる本人だけじゃなく、
子どもたちにもツラい思いをさせてるんだって。
当時、自分の事でいっぱいいっぱいやったのかもしれん(T_T)

 子どものためって思って我慢してきたつもりが、
逆に子どもたちを苦しめる結果になってしまってた。
今は、みんな元気で明るい子たちである事が唯一の救いです。

 DVは、本当にツラいものだと思う。


2013_10_12


09  « 2013_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

スポンサードリンク

ランキング参加中

ランキングに参加しています(^^ゞ 応援して下さい!!

お仕事承ります!

お気軽にご相談ください♪ byりん

コラム記事執筆します。ライターをお探しの方、ぜひ承ります! ネットオークション、海外通販サイトからの購入を代行致します。

検索フォーム




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。